FC2ブログ

占術家、魅乎斗のつぶやき

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

最新記事イメージ

お久しぶりです。今週の予定~ 2018/07/12
久々にパワーストン 2018/02/18
年末年始の営業日のお知らせ 2017/12/29
群馬テレビ 23日にパメラ館が放送されます 2017/11/22
本日、お月見の日 2017/10/04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変装して、歌い踊る人たち

皆さんこんにちは 
わたしの住んでいる甘楽町なんですが、ふと辺りを見渡すと年配の方ばかり。
過疎化が進んでいて高齢者の町になりつつあります。
町はいつでもしんとして静かで、わたしは元々は高崎市の出身ですから、活気がないのは大変に寂しい。
いつかは高崎に帰りたい、という、ささやかな野望を秘めつつ日々を過ごしております。

ただ、甘楽町の人達って、みんなやたらと愛想が良く、気の良い人が多いように思うんですよね。
占い師として、営業している私に対しても、ものすごく親切。
なので、その辺は甘えて生きようと決めています。


先日、お客様でもあって地元の知人から、
「変装してカラオケで歌いました」「楽しかった」
という報告をいたただいて、魅乎斗さんのblogに載せて♪!と、言われましたので・・
載せることにします 

カラオケスナック 絵夢



LINE_P20170825_030227732.jpgLINE_P20170825_030227624_1.jpgLINE_P20170825_030227648.jpgLINE_P20170825_030227692.jpgLINE_P20170825_030227582.jpg

えーと。
綾小路 きみまろと、夢芝居の梅沢富美男、ピコ太郎だそうです 
わたしもジュディオングやって!ぜったいに似合うから!と、頼まれましたが、ぜったいに無理だと慌ててお断りしました。

後から写真をいただきましたが、え?!こんなに楽しそう?評判も良いらしく第2弾、第3弾も予定しているそうです。

他人事ながら。ずっと楽しくいて欲しいですかね。
人生に張り合いが出ますもんね。
で、地元スナックのママさんの話しによりますと、定年退職を経て、70を超えた年配の方達は、お付き合いの輪を広げて人生エンジョイしているらしい。
誕生日に花束が集まる羨ましい70代の女性とか。
80歳同士の合コンとか。
駆け落ち遠方旅行だとか。
老婆心から心配になるようなお話しですが

人って、老いない。
むしろ、折り返し地点から、どんどん頭が若返っていき、子供のようになるみたい

だから、町の政策も、介護施設を増やすより、もっと、相互コミュランドとか、お遊び村とか、相互介護支援を整える方が人間らしいのではないか。

社会で頑張っているみんなが、いつかはその場所にと、目標とするような所があるといいです。
楽しい人生を完結できるんじゃないかしら、と思ったりしました。
スポンサーサイト

神通力について。現代神通力の変転


aj100_sc007.jpg 

皆さんこんにちは

神通力について書いてみたいと思います。

神通力は仏教用語で、約2600年前マガタ王国の国王が、お釈迦様に「修行を続けているとどんな果報がありますか?」と尋ねられた時、お弟子さんが記録したものです。

現代では、霊能力と呼ばれている種類のもので、このパワーの源は、五種通、あります。


1・ 常識と中道の理から物事に応じて悟る力 
2・ 禅や修行によってよく観察して宿命を知る力
3・ 薬、護符と呪文によって得られる力
4・ 自らの業を解消して自然に得た力
5・ 妖怪と魔物が持つ力


などです。

ちなみに、占術の世界では、人相でも易でも八字でも風水でも腕が上がるという他に、本人の修行と集中力が極まることによって、気がわかるようになったり天の働きがわかるようになってきます。

つまり、理論を越えた、占いといえども当たり外れのない境地に入り、術を使って自在に運を知ることができるようになるのです。

この境地に来てはじめて占術は「頼りになるもの」となります。

摩訶不思議なパワーで人を救うことができるようになります。

わたしは、こういう状態をひっくるめて「山道に入る」、「山に入った」と表現しています。


また、こういう不思議な能力は、自らが努力して得ようと思って勉強して身につくものではなく、天や神からの授かるもののように思います。


さらに、神通力にはどんな種類があるかといいますと、

(1)  神足通

機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を飛行し得るなどの通力。(※じんそくつう)

(2)  天耳通

ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳。(※てんにつう)


(3)  他心通

他人の心を知る力。(※たしんつう)


(4)  宿命通

自分の過去世(前世)を知る力。(※しゅくみょうつう)


(5)  天眼通

一切衆生の前世を知る力(※てんげんつう)


(6)  漏尽通

自分の煩悩が尽きて、今生を最後に、生まれ変わることはなくなったと知る力。(※ろじんつう)

と、いうものがあります。


現代神通力を調べますと、さまざまな解釈に変化しているようで、例えば、神足通力は、思うままに山海を飛行するというより、過去現在未来のどこにでも自由に透視できる能力。

相手のいろいろな場面を見通すことができる能力、と、されているようです。

漏尽通力は、人の煩悩を消し悩みを消滅させて救う力、と、解釈されたりしているようです。



わたしの場合は、他心と、宿命通をよく使います。
多少の漏尽にも通じていますよ。

もちろん、普段は絶対に人の気を読んだり、宿命を見たりはしないのです。

自分のためにその能力を使うことはありません。そもそも開きっぱなしでは疲れますから(笑)


セッション中にこの人に必要だと思った時に、必要なだけ開きます。

そして、お帰りの挨拶をする頃には、もう閉じてしまっていますので、あとから質問をされてもわからない事が良くあります。


ところで、

(6)漏尽通はこの世から解脱する力

(4)宿命通は自分の過去世を知る能力


だとしますと、私は自分の過去世も良く知っていますが、あの世での生活のことを良く覚えていますので、少し書いてみます。


木村藤子さんという霊能者さんが、自分は天界から罰を受けてしまったので、この世で人を救う仕事をしている、と、おっしゃっていましたが、私も同じく罰というか罪を犯してしまって、人に尽くしていく宿命があります。


私がいた場所、神界について書きますと、世界神、宇宙神、唯一神と呼ばれる唯一絶対神を中心とした、非常にスケールの大きな壮大な世界で、感動と喜楽、神への愛で満ちあふれた場所です。

ひとりひとりのいる場所の広さが後楽園球場ほどもあり、絢爛豪華に美しく整えられており、もちろん掃除の必要はなく、適性に応じた仕事しかなく、なんの不自由もないところであり、優美な音楽と波動、女性の魂は心地よい気を身をもって感じられるように裸体、もしくは薄い布などを羽織ります。

男の魂は女性の美に癒され、神の意志を継ぎ、天界を守ったり働く事を名誉としています。

たまに、一気にこの世から神界に上がる人がおります。

最近、なくなった皆さんも良くご存知の有名な方がいますが、唯一神経由の神界から3つくらい階層が下の天界にいらっしゃるようです。

数人の女神から歓待を受けていて、多分ご本人はさぞかし!本当に!びっくりされていると思いますね。

ところで、どういう人がこの唯一神の神界に昇るかといいますと、生前の姿はどうであれ、神への愛を体現した人。殉死、もしくは、それに近い生き方をして神への愛を貫いた人、または、神が愛する人を助けた人です。

わたしは、その場所から罰を受けて落とされてしまったわけですが、どこに落とされたかと言いますと、日本の天界、高天原に行きまして数百年もの修行をすることになります。

日本の天界にもいろいろとあります。

治世を全うした権力者がいく場所。

勉学を治めて信条を貫いた生き方をした人がいく場所。

神界天界のまじりあったような場所。

けっこう種類があるわけですが、その中で、高天原という天界は、大変に静かなところでした。

ちょうど京都のような純日本風の宮殿や、落ち着いた風情のただよう静寂な所で、田畑は豊穣に満ちていて、祭りと丘の上で名だたる僧侶や神々の説法と教えが行われています。


天界ほど厳しくないし、なにか規律にしても性にしても、おおらかで寛大です。

その場所にいる霊は、大変に良い人達ばかりで、みな無私無欲そのものといいますか、満足しきって、神を敬い、その教えを静かに聞きます。

うまく表現できませんが、ちょうど、この世でいうところの何か幼稚園で輝く子供のような?純粋で素直な人ばかりで、この天界が形作られています。



私はと言えば、ただただ神界に戻りたく、自分が悪いとは思えず、ずっと泣いて暮らしていましたが、諦めて高天原で修行をして、勉強し、術や、瞑想法などを覚えていきます。



そうこうしているうちに、生まれ変わる時がきました。

人がこの世に生まれ変わる時というのは、ご先祖様と守護神様の協議の上で決められるのですが、高天原では、龍神と複数の四天王のような姿をした神が協議して決めるのです。

そして、比較的善徳を積んだ祖先をもった家、愛情深い親の元に生まれるように善処させてもらえるようです。

ただ、わたしの場合は深い罪を犯したということで、業の多い呪われた家に生まれる話になっていってしまいました。


いつものように瞑想にはいり、守護神である龍神が現れる時には必ず「あなたはいつこちらに戻って来ていい。無理なのだろうから。」と伝えてきます。

こちらは大変な場所だろうと。この世での役目を2つくらい伝えてきて、戻ってきても良いと伝えてきます。

ただ、わたしからしますと、何とかお役目を響かせまして、大神に沿う生き方をして、出来れば神界に帰りたいという気持ちがあるので頑張っていまる訳です。

輪廻も今世で終わりにしたい訳ですが、もう一度あるかもしれません。よほど上出来でないと難しいだろう……と、いったところです。


以上、神通力の宿命通、漏尽通についてのお話しでした🔮


ちなみに、私はセッション中に神の話はしません。

あくまで皆さんの現実の充実、抜苦与楽の為の占いに始終しておりますので、ご安心を。



因縁と戦う仕事

ちょっと怖いお話です。

先日、パメラの館にお客様がいらっしゃっいました。
お話を聞くとかなりお困りのご様子で、いろいろな事が同時進行で起こっています。

その内容から、どうもこれは・・。わたしの力では無理かも。
セッション中も、お祓いとかの方がいいかしらん?と感じさせるものがありましたので専門の方をご紹介させていただこうかな・・と思いました 


「これで占いは終わりです。そうですね。あんまりにおかしな事件が起こるのは占いだけではどうしようもないので、もしよろしければ一度、神社か仏閣でお祓いをしていただいたらどうでしょうか。」

と、提案しました。
わたしの知り合いの知り合いに祈願を専門にお仕事されている神主さんがいます。
けっこう評判がよいみたい。

すぐにパソコンでその神社を検索して神社のHPを印刷して渡しました。
お客様は深々と頭を下げて一旦お帰りになりました。

知人とその神社にも連絡を入れておき、そのまま忙しさにかまけて忘れていたのですけど・・。

後日、知人を通して色々とお話を聞いたのですが、神主さんの所にその方が行ったそうです。
お祓いとお祈りをはじめた時、ちょうどその時刻に知人はいきなり具合いが悪くなり倒れてしまったそうです。
神主さんのお家はその日のうちに可愛がっていた犬が亡くなってしまいました。


知人がいうには、お祓いをすると必ずそのような事が起こるのよ・・
神主さんも毎度のことでしっかり覚悟をして祈るのだそうです。


こわい。神主さんのペットが可愛そうで悲しい気持ちになります。
何も知らずに私の隣にちょこんと座っている愛犬をキューッと抱きしめます。

占いもそうですけど、こういう分野は代金と引き換えに代償を払わされることがあるんですよね。
・・だけど、それってお祈りが効いたということでもあり、その分そのお客様は助かるのかもしれないな、と、妙に納得しました。

 | ホーム | 

ホロスコープ

プロフィール

東洋占術パメラの館
  紀ノ藤 魅乎斗

はじめまして。東洋占術研究家/占術家です。
blogを通じて、お知らせ事項や雑感を発信します。


東洋占術パメラの館~占術研究サイト
占いの研究サイト
です。無料占いや占い掲示板があります。
東洋占術掲示板
占い実験的な掲示板!占い好きの方、参加してね。
店舗~東洋占術パメラの館
群馬県甘楽郡甘楽町福島698-2
TEL/0274-67-7366

格言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人の入り口

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。